インフルエンザの流行拡大に

ともない全国的に患者数が

激増しています。

 

まずは自分がインフルエンザ

どうかチェックしてみましょう。

⇒インフルエンザチェック

スポンサーリンク

今回はインフルエンザや風邪

にかかってしまった後に

いかに早く治すかについて

年中風邪を引いている管理人の私が

参考になるサイトを調べました。

 

 

⇒インフルエンザについて120%知りたいならココ

 

 

 

インフルエンザと風邪の違い

 

 

 

インフルエンザや風邪は

鼻やのどの粘膜にウイルスが

感染することにより炎症を

おこしている状態のこと。

 

 

 

しかし、ウイルスの種類が

異なるため別の病気と考え

ましょう。

 

 

 

⇒インフルエンザと風邪の違い

 

 

 

上記サイトと私の経験からわかる

ことは、インフルエンザの場合

 

 

 

症状が急に表れ高熱、悪寒、

全身の倦怠感、関節痛などが

風邪の異なり度合いが強い、

激しい点がポイントです。

 

 

 

私の場合は悪寒が止まらない点

で普段の風邪とは違うと

気が付きました。

体が関節が痛いのも実感です。

 

 

風邪の原因と治療法を先に知る

 

 

 

上記のようにインフルエンザと

風邪はウイルスの種類が異なる

ため症状や治療法も異なる点が

あります。

 

 

 

まず風邪の原因と治し方を先に知り

インフルエンザとの違いを理解

しましょう。

 

 

 

風邪を引くメカニズムと治療法

を知れば風邪を引きにくくなる

と思いますよ。

 

 

⇒風邪を引く原因を知ろう

 

 

 

上記サイトを読んではじめて知った

人もいるかもしれませんが

 

 

 

くしゃみ、咳、鼻水、熱など

風邪の諸症状はすべて

体内に入ったウイルスを

やっつけるために自分の体が

戦っている証拠です。

 

 

 

ウイルスが熱を発している

のではなく、ウイルスを殺す

ために体が熱を出し体温を

あげているのです。

 

 

 

意外と知らない人も多い風邪

を引いたときの体のメカニズムです。

 

 

⇒風邪の治療法を知る

 

 

 

図解で非常にわかりやすいですよね

 

 

 

風邪を引いたときの体のメカニズム

や症状別の薬の選び方がわかれば

風邪を早く治すことが可能です。

 

 

 

そして風邪を治すポイントは

安静・保温・栄養です。

 

 

 

よくどうしても外せない仕事

や予定の前に風邪を引いてしまい

何とかして一発で治る風邪薬はないか

と探す人がいますが

 

 

 

風邪薬というのはウイルスに直接

効くわけではなく風邪の諸症状を

和らげる目的です。

 

 

したがって病院にいったとしても

飲んだら一撃で風邪に効く風邪薬

はありませんのでご注意を。

 

 

 

インフルエンザを早く治すには

 

 

 

最速最善の治療法は病院を受診し

抗インフルエンザ薬を処方して

もらうことです。

(子供や10代の患者には使用

できない薬もあります。)

 

 

 

冒頭でもお話した通り

風邪と症状は似ていますが

まったく違う病気として

とらえましょう。

 

 

 

では、風邪同様、インフルエンザ

の原因と治療法について確認しましょう。

 

 

 

⇒インフルエンザの原因

 

 

 

インフルエンザを治すポイントも

静・保温・栄養です。

 

 

⇒インフルエンザのセルフケア

 

 

⇒インフルエンザの治療について

 

 

 

抗インフルエンザ薬の効果は

ウイルスの増殖を抑えることです。

 

 

 

症状がでてから48時間から72時間後

がもっともウイルス量が増えるため

症状が出てから48時間以内に服用

すれば症状を抑えることができ

短期間で治せるというわけです。

 

 

 

プラス十分な睡眠、栄養をとること

により抵抗力を高めることが

回復の近道になります。

 

 

 

まとめ

 

 

 

さて、今回はインフルエンザに

なってしまった後について治し方

などについてお話しました。

 

 

 

なってしまったら仕方ないのですが

本来インフルエンザや風邪にかかる前

の予防対策が重要です。

 

 

⇒風邪の予防について

 

 

⇒インフルエンザの予防について

 

 

 

いずれも、手洗い・うがい・マスク着用と

基本的な予防法ですので習慣づけるよう

にしましょう。