タレントの磯野貴理子さん(50)が

平成26年10月23日に脳梗塞で都内

病院に緊急入院したニュースは周知

の事実。

 

 

 

厚生労働省の調査によると脳梗塞に

よる年間死亡数は約7万人(平成25年)

います。

日本人の死因では脳梗塞を含む脳血

管疾患は第3位です。

 

スポンサーリンク

決して他人ごとではない脳梗塞について

何が原因でどんな前兆、症状があるのか、

また予防方法や対策をお伝えしていこうと思います。

 

 

では、まず磯野貴理子さんが感じた前兆症状

についてご本人やご主人のコメントから見て

見ましょう。

・「彼女は、いつもはさっさと歩くタイプ。でもあのときは、何かちょっと変で、つまずいたり、フラついたりしている感じ。どうしちゃったのかなと思ったんですよね」(中略)

・「僕が仕事の合い間に、たまたま帰ってきたときでした。本当にラッキーだったと思います。彼女に『おい、どうしたんだ? 大丈夫か?』って聞いたら、『何かあたし変……。体がフラフラして、いつもの私じゃないみたい』と言うんです。彼女の体を支えてやって、病院で診てもらおうということになったんです」 (引用)女性自身

 

 

脳梗塞の前兆

私たちが脳梗塞の症状としてよく聞くのはimg_07

「ろれつが回らない」

「顔のどちらか半分の感覚がない」

などが良く聞かれますが

他にどんな症状があるのでしょうか。

 

 

・どちらか片方の手足や顔面がしびれる

・言葉が出でこない

・めまいがする

・ちゃんと歩けない

・文字がかけない

・ものが重なってみえる

・片方の目に幕がかかったようになり見えない・見えにくい

・急に手足の力が抜けて物がもてない・落としてしまう

・相手の言っていることが理解できない

 

 

上記のような前兆を一過性脳虚血発作

(いっかせいのうきょけつほっさ)

といいます。

 

 

 

この前兆があれば脳梗塞になる可能性が

極めて高いのですが、やっかいなことに

この前兆を経験するのは脳梗塞患者の

1/4といわれており残る3/4の人は

何の前触れもなく脳梗塞になった現実があります。

 

 

スポンサードリンク

 




脳梗塞の症状

それでは脳梗塞を引き起こしたら

実際にどんな症状が現れるのでしょうか。

 

 

・片方の腕や足、顔面の麻痺

・感覚がなくなる感覚障害

・歩行障害

・会話がうまくできない・声が出しにくい

・指先をつかうような細かい動作ができない

・意識障害

・食べたり飲んだりする動作が困難

・高次脳機能障害

 

 

脳梗塞の原因は?

恐ろしい脳梗塞にならないためには

原因を知ることが重要です。

どのような原因があるのでしょうか。

 

 

・動脈硬化症

・高血圧

・高脂血症

・糖尿病

・肥満

・心臓病

・喫煙

・飲酒

・ストレス

 

生活習慣病といわれるものが大半ですね。

 

 

脳梗塞の予防対策

脳梗塞の原因が生活習慣病によるもの

だということがわかれば、予防対策は

生活習慣病の対策をすれば必然的に

脳梗塞も予防できるということです。

 

 

では、具体的にはどんなことに

気を付ければいいのでしょう。

 

 

・喫煙はやめる

・飲酒量も大量に飲まない

・運動を習慣化する(ウォーキングやジョギングなどはオススメ)

・ストレスをためない

・コレステロールの低い食事を心がける

(肉の脂身や乳脂肪、スナック菓子や甘いものは控えめに。野菜や魚中心の食事を心がける)

 

 

まとめ

不規則な生活を送っている現代人504ecc2a002

わたしたちにとって脳梗塞は、

誰もがなりうる病気だということ

がわかりました。

 

 

そして予防対策は規則正しい食生活が

重要だということもわかりました。

しかし自分で生活スタイルを改善する

のはなかなか難しいこと。

 

 

 

そこで私からの提案として40歳すぎたら

「脳ドック」検査を毎年受診することを

おすすめします。

 

 

 

検査をして病気に対して日頃から関心を

寄せる習慣を身につけましょう。

そうすれば意識も変わってくると思いますよ。

 

 

スポンサードリンク