2月14日に韓国ソウルで行われた2015年

四大陸フィギュアスケート選手権大会で

女性の“しょーまさま”ファンを

魅了した宇野昌磨選手。

 

 

スポンサーリンク

最初に4回転トーループで少しバランスを崩しましたが

転倒することなく2回のトリプルアクセルは成功させました。

 

3連続ジャンプの最後、惜しくも3回転フリップで

転倒しましたが自己ベストを記録しました。

しかし、本人は「苦しかった。練習してきたことができな

かったのがつらい」「日本からソウルに来てから

少しずつ調子が落ちていった。

 

自分のジャンプが嫌だなという感じが出てきて、

練習してきたことを出せなかった」と悔しい表情を浮かべていました。

 

見ていて宇野選手らしい演技は出来ていたと思うので

ファンとしては素晴らしい演技を見せてくれてありがとう

という気持ちですよね。

 

今回は2015年四大陸フィギュアスケート選手権

FSプログラム「ドンファン」の演技動画をご紹介します。

 

⇒宇野昌磨選手FS「ドンファン」動画はこちら

スポンサーリンク

 

 

 宇野昌磨選手は「ポスト髙橋」と言われるほど表現力の高さが評価されており

潜在能力の高さが今回の大会でも感じることができました。

 

⇒宇野昌磨選手の実力と演技の特徴

 

3月2日からエストニアのタリンで開かれる

世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会では

さらに素晴らしい演技と成績を残してくれることを

期待したいですね。