今、日本の伝統工芸品である南部鉄器

が中国人の間で大人気とのこと。

 

2010年に行われた上海万博で岩手県

から出展されたことがきっかけで今

東京銀座にあるラオックス銀座本店

では数十万もする南部鉄器が飛ぶように

売れており品薄状態だそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

では、なぜ今日本の伝統工芸品である

南部鉄器が中国人の間で人気なのでしょうか?

今回は南部鉄器についてお話したいと思います。

 

 

 

南部鉄器とは?

 

2015-04-28_232826

 

南部鉄器とは岩手県の奥州市、盛岡市

で作られてきた鉄器のこと。

釜や鉄瓶は伝統工芸品に指定されています。

 

 

 

砂鉄や木炭、粘土などの原材料がこの地域で

豊富に産出されたことから生産地として栄えてきました。

 

 

⇒南部鉄器の歴史について詳しくはこちら

 

 

 

人気の理由は3つ

 

 

 

では、冒頭でもお話ししたように

なぜ今、中国人に南部鉄器が人気

なのかというと

 

 

 

まず1つめの理由

中国の飲料水事情と健康志向

 

中国に限りませんが水は

水道水であっても生水の状態

で飲むことはなく

必ず沸かして飲みます。

 

 

 

また南部鉄器によって沸かしたお湯

が鉄分を含んでいることから健康に

よいのではないかという健康志向も

あり、南部鉄器は一石二鳥であると

考えられているからだそうです。

 

 

 

南部鉄器で沸かしたお湯には鉄分が微量

ではありますがたしかに溶け出すようで

それが貧血予防、アルツハイマー痴呆症予防

にもなるようです。

 

参考記事

⇒南部鉄器から鉄分がとれる理由

 

 

 

ビンテージものプーアル茶の高騰

 

2つめ理由が近年中国人富裕層の間で

投機対象としてビンテージものの

プーアル茶が高騰しており

 

 

鉄分で沸かすとプーアル茶の雑味が取れる

といことから南部鉄器に注目が

あつまっているようです。

 

 

 

プーアル茶にはコウジカビで発酵

させる熟茶と何年も寝かせて熟成

させてるつくる生茶がありワイン同様

数十年熟成されたビンテージものは

希少価値があり高値で取引されています。

 

 

 

ハンドメイド(手づくり)への憧れ

 

3つめの理由です。

 

18世紀にイギリスでおこった

アーツ・アンド・クラフツ運動

は産業革命により大量生産された

既製品への反発から職人による

 

 

 

ハンドメイド(手づくり)品に人気

が集まりました。

 

 

 

それと同様に13億人もの人口を抱える

中国では大量生産が当たり前の現実

があります。

 

 

 

したがって富裕層のあいだでは

伝統工芸品に指定されている

ハンドメイドの南部鉄器は職人

によって風合いが異なるため

価値あるものとして珍重されています。

 

 

nanbutetsu_photo_01

引用元http://www.kawazoe-takezai.com/nanbutetsu/

      

 

 

また、南部鉄器にはあられ模様に

代表されるデザインがあり

ジャポニズム(日本趣味)

のある中国人にとっては

南部鉄器の美的特徴は“ぶつぶつ感”は

たまらないのでしょう。

 

 

 

 

南部鉄器はクールジャパン

 

 

 

クールジャパンとはアニメや伝統芸能など

日本に関する事柄が海外で評価される現象

を指しますが

 

 

 

南部鉄器もクールジャパンの一つとして

認められています。その証拠に南部鉄器

の売り上げの半分以上は海外輸出であり

日本でも品薄状態だそうです。

 

camo_petit_pink

 

 

(引用元 フランス紅茶専門店アンシャンテ

 

南部鉄器の人気は中国だけではなく

パリのティーサロンで人気になった

ピンクやブルーのカモミールやアラレ

などかわいらしい名前のついた

「南部鉄器カラーポット」も注目されています。

 

 

 

 まとめ

 

 

 

南部鉄器が今中国人を初め海外でも

クールジャパンとして人気があります。

 

 

 

中国人に人気がある理由として

 

 

①飲料水事情と健康志向

②投機目的のプーアル茶が鉄分により雑味が取れる

③ハンドメイドへの憧れでした。

 

 

このことからも日本のインフラ設備が

整っていることや食品の安全性

伝統工芸品に代表されるものづくりの力

や文化は海外に売り込む価値として

十分なものであることが証明できます。

 

 

 

まだまだ埋もれている価値あるものは

南部鉄器以外にもありそうですね。