「ゾーン体験」「ゾーンに入る」など
最近スポーツニュースなどで耳
にするこのゾーンという言葉。

 

どんな意味だかご存知でしょうか?

今回はゾーン体験をしたときの体の
状態と、またゾーン体験をする方法
についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

ゾーン体験とは

 

d448a0fbc787a684aecc9c60f2b024b3_s

 

「ゾーン体験」とはスポーツ選手が
いつもと違い意識していないにも
かかわらず
「調子が良い」「なんかうまくいく」
など極度の集中状態にあること
を指します。

 

ではゾーンを体験しているとき体は
どんな状態になっているのでしょうか。

 

ゾーンは心理学のフロー

 

昨今ニュースなどで聞く「ゾーン」
という言葉は実はアメリカの
心理学者ミハイ・チクセント
ミハイによって
提唱された心理学概念の
「フロー(Flow)」と同じ意味で

 

「人がものごとに集中、没頭していて
さらに上手くいっている精神状態」
を指します。

 

人間は外部からストレスを感じると
脳の細胞から自律神経や内分泌
に影響を与え体に不調をもたら
します。

 

例えば心拍数のリズムが乱れる
などします。心拍リズムの乱れが
脳に刺激を与えると集中しようと
してもできず落ち着いて思考する
ことができなくなります。

 

しかし、この逆で心拍のリズム
が安定すると精神が安定し落ち
着いた思考ができるようになります。

 

そして極めてこの落ち着いた
状態がスポーツをしているとき
に自分が持っているスポーツ
能力とうまく呼応したときを
ゾーン状態といいます。

スポンサーリンク

 

ゾーン体験をする方法は

 

ゾーン体験は頭で理論的に
考えてできるものではありません。

 

では、どのようにすればできる
ようになるのかというと
メンタルトレーニングによって
出来るようになるそうです。

 ⇒ゾーン体験のメンタルトレーニング石井塾

 

上記サイトによればレゾナンス
呼吸という呼吸法によって体を
リラックス状態にするなどの
方法があります。

 

これは緊張しているときに
深呼吸をして落ち着かせる
ことと同じことであると
思われます。

 

呼吸法によって緊張状態を
緩和する方法は自律神経失調症
や過敏性腸症候群などストレス
によって生じる疾患の対処療法
にもあるように有効な対処法の
一つです。

 

まとめ

 

様々なことを調べていくと
ゾーン状態とは体がリラックス
状態にあり無意識でありながら
スポーツ能力を最大限に発揮
できる状態であることがわかりました。

 

ただ、間違えていけないのは
ゾーン状態に入ったからと
いって普段やったこともない
技が急に出来るようになると
いったものではありません。

 

日頃から地道な努力でスポーツ
技術を
高めておくことが大前提
にあり、体が勝手に反応できる
レベルまで鍛錬することが
重要だといわれています。

 

ということは、ゾーン状態
というのはスポーツが苦手な人
がなにか特別な裏ワザを使って
スポーツ能力を高められる
魔法ではなく、

 

真面目に努力してきた人が
技術的にも精神的にも整え
られたときに起こるごく自然な
現象だと考えられるのです。