sosuiphoto_1

 

「ブラタモリ~京都~」では3つの

京都復活プロジェクトにタモリさんが

迫るようですが

 

今回は「琵琶湖疏水(びわこそすい)」

についてお話したいと思います。

 [ad#ad-2]

琵琶湖疏水(びわこそすい)ってなに?

 

 

 

琵琶湖疏水とは琵琶湖の水を京都へ引いた水路のこと。

 

 

第一疏水 1885年着工開始、1890年完成。

第二疏水 1908年着工開始、1912年完成。

 

 

 

秀吉の天下統一後、京都は御土居の建設や

大規模な都市計画により江戸時代に入って

からも戦乱に巻き込まれるようなことは

ありませんでした。

 

 

 

しかし、幕末の禁門の変により京都市中は

またも戦禍を被りました。そして明治に入り

東京遷都が行われたことで京都はさびれた

街になってしましました。

 

 

 

当時天皇が東京に移ってしまうことは

公家をはじめ京都の人々にとっては

一大事だったそうです。

 

 

 

そこで、元気を失った京都の街を取り戻す

ために当時の京都府知事、北垣国道により

京都復活プロジェクトがおこなわれること

になりました。

 

[ad#ad-1]

 

琵琶湖疏水の目的と影響

 

 

 

琵琶湖疏水の建設の目的は琵琶湖から

水を引くことによりその動力で工場を

作ったり船で物資を運ぶなど京都の

復興計画が元になっています。

 

 

 

水力のおかげで水運や灌漑、工業用水

飲料用水、日本初の水力発電所による

工業用電力の確保

日本初の電車(京都電気鉄道)など

 

 

 

京都は琵琶湖疏水のおかげで復興を

遂げたのです。

琵琶湖疏水は現在でも京都市民の

生活を支えています。

 

 

 

「南禅寺水路閣」「蹴上インクライン」

sosui1         引用元 http://www.nanzen.net/keidai_sosui.html

 

 

琵琶湖疏水を建設するにあたり

さまざまな工夫がなされました。

水路を作るといっても簡単なこと

ではありません。

 

 

 

地形に急こう配があったりするため

以下ようなものができました。

 

 

南禅寺の水路閣は“水路閣”というように

上に琵琶湖からの水が流れています。

一直線上にすることにより水がスムーズに

流れるようになっています。

 

 

 

また蹴上(地名:けあげ)インクラインも

蹴上地区が急こう配になっているため

インクライン(=ケーブルカー)によって

船を上げり下げたりするこで輸送問題を

解消できました。

 

 

⇒南禅寺水路閣と蹴上インクラインの様子

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

応仁の乱のあと京都は荒廃していました。

そのため豊臣秀吉は天下統一後

京都復活プロジェクトとして都市計画事業

をおこないそのなかの一つに御土居の建設

がありましたね。

 

 

⇒御土居の建設についてはこちら

 

 

 

江戸時代に入り戦乱もなく京都は天皇の元

栄えていました。

しかし、幕末禁門の変による戦禍と東京遷都

によりまたも京都は衰退の危機を迎えました。

 

 

 

しかし、「琵琶湖疏水」という

京都復活プロジェクトにより見事復興を遂げ

現在でも京都の産業、市民生活は支えられています。

 

[ad#ad-1]