「ブルーライト」。

 

 

一度はテレビなどで聞いたこと

があるかもしれません。

 

しかしいったいブルーライトが

どういうものなのかご存知だろうか?

 

スポンサーリンク

今回はブルーライトが人体に与える

影響を中心に、その対策方法まで

お話ししたいと思います。

 

 

 

ブルーライトってなに?

 

 

 

まず、そもそもブルーライトがいったい

どういうものかを知る必要があります。

 

 

 

ブルーライトとは可視光線

(目で見ることができる光)

の中で最も強いエネルギーを

もつ青色光のこと。

 

 

 

 

そしてパソコンやスマホなどの

LEDディスプレイからは

ブルーライトが発せられています。

 

 

⇒ブルーライト研究会による詳細情報

 

 

 

目への影響

 

 

 

ブルーライト研究会の見解によると

ブルーライトによる人体への影響

として目と全身の2つにわけて

解説しています。

 

 

 

目への影響として例えばブルーライト

の光は強すぎるため角膜や水晶体で

吸収しきれずダイレクトに奥の方に

ある網膜まで達してしまう。

 

 

 

そのため網膜の中心にある黄斑に影響

を及ぼし、加齢黄斑変性の原因にもなる

そうです。

 

 

 

加齢黄斑変性といえば失明原因にもなる

目の病であり映画翻訳家の戸田奈津子さんが

加齢黄斑変性で左目を患っているという

ニュースも記憶に新しいと思います。

 

戸田奈津子の左目視力を失った加齢黄斑変性症の症状と治療法

 

 

 

睡眠障害

 

 

 

目の疲れや目の痛みなど目への影響

のほかブルーライトは全身への影響

も与えています。

 

 

 

その中のひとつに睡眠障害があります。

私たち生物は本来、朝の光を浴びて

目覚め夜になると眠むるという

体内時計(=サーカディアンリズム)

を備えているのですが

 

 

 

ブルーライト研究会の解説を

引用すると以下になります。

 

網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断し、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され覚醒し、ブルーライトの量が減少すると「夜だ」と判断して、メラトニンの分泌が活発になります。時差ボケの解消には朝の光を浴びるといいといわれるのは、ブルーライトを多く含む朝の太陽の光でサーカディアンリズムがリセットされるから。

 

 

 

 

つまり、パソコンやスマホなどから

発せられているブルーライトの光は

強いため実際夜であっても脳は朝だと

勘違いしてしまい逆に寝付けなくなる

ということです。

 

 

睡眠障害の他には精神や肥満、癌への

影響などがあります。

 

 

 

 

ブルーライト対策は?

 

 

 

では、ブルーライトから身を守るには

どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

答えは簡単で

就寝2,3時間前までに

スマホやパソコンなどは

見ないことが一番です。

 

 

 

また照明もブルーライトを抑える

LED照明や白熱灯、蛍光灯を

使いましょう。

 

 

 

とはいっても就寝ギリギリまで

パソコンやスマホを使わなければ

いけない人も多いと思います。

 

 

 

そこで私がオススメするのが

ブルーライトカットのメガネです。

 

 

 

ブルーライト50%カット

 

 

 

もう一度言いますが、寝る前にパソコン

やスマホをいじらないのが一番であり

その方が人体にも良いのはいうまで

もありません。

 

 

 

ですが、私のように寝る直前まで

パソコンやスマホをいじる習慣の

ある人は少しでもブルーライトの

影響を削減する必要があります。

 

 

 

そこで私が愛用しているのが

ブルーライト50%カットのJINS PC

 

 

 

これを使用する前は正直液晶の光が

眩しくて夜は目が疲れてしまい

持病のドライアイもひどくなって

いました。

 

 

 

しかし、このブルーライト50%カット

のJINS PCを使うようになってからは

目の疲れが全然違います。

 

 

 

もちろん、メガネをかけたからといって

全く疲れないわけではないのですが

長時間画面を見ていても目がラクに感じます。

 

 

 

実際かけてみるとわかるのですが

サングラスのように少し暗く見え

明るさが抑えられています。

 

 

 

まとめ

 

 

 

さて、今回はブルーライトが私たちの人体

に与える影響について見てきましたがいか

がでしたでしょうか。

 

 

 

ブルーライトはスマホやパソコンなど

私たちが仕事やプライベートで欠かす

ことのできないツールには

 

 

 

必要不可欠でありLEDのおかげで

私たちの生活は格段に便利になっています。

 

 

 

その反面、人体には悪い影響しか与えない

負の側面も持ち合わせいます。

したがって、どうブルーライト

とうまく付き合っていくかが問題であり

 

 

 

就寝前のスマホやパソコンの使用時間

を決めたり、JINSPCのような

ブルーライト削減のメガネを利用

したりするなど

 

 

 

個人個人が健康のために注意して

ブルーライト対策をおこなう必要があります。