「ポスト大輔」との声も広まり

つつある髙橋大輔、羽生結弦に

つづく宇野昌磨選手。

 

 

身長159㎝と小柄ながらも存在感

のある堂々たる演技で注目を

集めています。

 

スポンサーリンク

 

今回は羽生結弦選手の後輩で

ありもはやライバルであろう

宇野昌磨選手についてお話し

したいと思います。

 

 

昌磨(しょうま)様

 

 

トリプルアクセルや4回転トーループ

などを修得している実力の高さと

愛らしい容姿とのギャップから

ファンの間では「しょーま様

と呼ばれています。

 

mmkyodo_photo_PK2014121294487002_BI_JPG_00

 

 

宇野昌磨の実力とは

 

 

宇野昌磨選手は1997年12月17日

生まれ愛知県名古屋市出身の

現在17歳。

 

 

5歳からスケートと始め今から

10年前の2004年第40回中部

日本ジュニアスケート選手権

大会において若干7歳で

第3位入賞を果たしています。

 

 

その後各大会で優勝するなど

好成績を残しており2014年

ジュニアグランプリファイナル優勝

 

 

第83回全日本フィギュアスケート

選手権2位、

 

 

最近行われた第64回全国高等学校

フィギュアスケート競技選手権大会

でも見事1位優勝に輝きました。

 

 

演技の特徴

 

 

2014-2015シーズンにおける

フリースタイル(FS)プログラム

「ドンファン」にみる宇野昌磨選手の

演技の特徴は

 

 

スピンの際の軸が安定しており

まったくぶれない

 

 

手首や肘の使い方が柔らかいため

特徴のある手首の使い方ができます。

 

 

またトリプルアクセルや4回転

トーループを習得しており

 

 

ファンの間では情感の表現力

にも定評がありますが、本人いわく

課題は「表現力」のスキルアップ

だそうです。

 

 

⇒FSプログラム「ドンファン」演技動画

 

 

 

まとめ

 

 

若干17歳でありながら全日本

フィギュアスケート選手権では

羽生結弦選手につづいて第2位

の成績を修めるなど

 

 

日本フィギュアスケート界の至宝

であることは間違いありません。

 

 

2018年韓国で行われる

平昌オリンピックでの活躍が

期待されます。

 

 

まだまだ、宇野昌磨選手については

お話ししたいことは山ほどあるの

ですがまたそれは次回に。