「ポスト羽生」などど言われている

山本草太選手。

 

 

スケオタ(スケートオタク)なら

なぜそのように言われている

のかわかりますが

スポンサーリンク

 

ふつうの人はよくわからない

と思います。

 

今回はなぜ山本草太選手が

「ポスト羽生」と呼ばれるのか?

羽生結弦選手との共通点を考察します。

 

※ポストってなに?

 

ここで普段何気なくポスト〇〇

と使われているこのポストという言葉。

 

 

どういう意味かわかっていますか?

手紙を入れる赤いやつとはなんの

関係もありませんよ。

 

 

ポストとはラテン語で「~のあと」「~の次」

という意味。使い方としてポストモダンとか

ポスト安倍(首相)のように、モダンのあと、

安倍さんの次という意味です。

 

 

ですので「ポスト羽生」とは

羽生結弦選手の後進とか、

後継者という意味です。

 

 

山本草太とは

 

 

 

山本草太選手は2000年1月10日

生まれ大阪府岸和田市生まれの15歳。

 

 

ポスト髙橋と呼ばれている先輩であり

ライバルである宇野昌磨選手と同じく

5歳からスケートを始め

 

 

2012ー2013シーズンでは全日本ジュニア

選手権4位、ちなみにこの時の2位は

宇野昌磨選手です。

 

 

⇒羽生結弦の後、宇野昌磨の実力は?

 

 

2013-2014シーズン全日本ジュニア

選手権は総合5位、全日本選手権は

初出場で新人賞を受賞。

 

 

2014-2015シーズンISUジュニアグラン

プリファイナルで1位宇野昌磨に次ぐ

2位を受賞しました。

 

 

 

演技力は?

 

 

では、山本草太選手はどんな演技

をするのでしょうか?

 

 

まずは2014-2015ジュニアグランプリ

ファイナルのショートプログラム(SP)

「ピアノ協奏曲第1番」をご覧ください。

 

 

⇒山本草太選手の演技動画はこちら

 

 

 

羽生結弦との共通点

 

 

まず、“ポスト羽生”といわれる大前提に

山本草太選手自身が羽生結弦選手を

尊敬していることが挙げられます。

 

 

そして共通点はスピード感のある流れに

のったジャンプが持ち味なところ。

高さや幅もある。

 

 

トリプルアクセスの成功率など安定

していない点もあるが伸びのある

スケーティングはジュニア選手の中

では突出しており、

 

 

彼がまだ中学生である点を考えれば

今後の伸びしろは未知数です。

 

 

まとめ

 

 

“ポスト羽生”との声もある山本草太選手。

彼のツイッターからもわかるように「草太」

 

⇒山本草太ツイッター

 

と呼ばれ周りから愛される性格が

うかがわれます。

 

 

普段はあどけない表情をしていますが

演技のときはまるで別人のように大胆な

スケーティングや真剣な表情にかわり

 

 

とても中学生とは思えません。先輩であり

ライバルでもある羽生結弦選手

宇野昌磨選手とともに

 

 

日本のフィギュアスケート界をけん引

していく存在の山本草太選手に

今注目です!!