「サバ美-マン」という言葉をご存じだろうか?

 

 

 

“さばびーまん”と読むのだが意味は職場で

生き抜く(サバイバル)ために美活をおこなう

サラリーマンのこと。

 

 

スポンサーリンク

 

美活とは美容活動のことで身だしなみに

気を使うことである。

 

 

特に30代後半から40代前半のミドルエイジ

とよばれるサラリーマンに身だしなみの

意識が高まってきているようなのだが、

 

なぜだろうか?

 

 

 

今回は中年男性が自分の美容を意識する背景

について探っていきたいと思います。

 

 

 

キーワードは“身だしなみ”

 

 

 

中年男性は身だしなみに気を使っていない

というイメージがあるかもしれないが

いつの時代もオシャレに気を使っていた人

はいました。

 

 

あいつはキザなやつだなどと使われるキザ

(=服装や態度が気取っていて不快な様子)

は江戸時代から使われていた言葉。

 

 

モボ(モダンボーイ)、メトロセクシャル、

ウーバーセクシャルなど時代時代に言葉は

違えどオシャレに気を使っていた男性は存在

したのです。

 

 

 

しかし、2015年以降に流行するであろう

「サバ美-マン」は仕事上で身だしなみに

気を使う人のことを指します。

 

 

 

オシャレとは自己表現のひとつですが

身だしなみとは相手に対して失礼のない

格好をするなど相手に対する配慮があります。

 

 

 

 

身だしなみはビジネススキル

 

 

 

新入社員は身だしなみは営業職であれなんであれ

ビジネスマンの基本であると教わります。

また、若いうちは若さが一つの武器になり

許されることも多々ありますよね。

 

 

 

だからスーツが多少よれていても注意される

くらいで済むこともあります。

しかし、年を取ると「加齢」による避けられない

生理現象が現れます。体型や加齢臭、口臭、肌質などです。

 

 

 

そしてこれらは若い時以上に気を付けてケア

をしないといけないのですが、人間年を取れば

とるほどおっくうになりますし会社も毎日行く

わけですから敢えて気を使って行こうという

意識が薄れてくるのだと思います。

 

 

 

しかし、職場の男性の第一印象で大切なこととして

9割の女性が「清潔感」をあげています。

 

 

 

ということは職場の女性だけではなく社外のお客さん

も同様に「清潔感」はビジネスマンとして最重要事項

として認識しているわけです。

 

 

 

サバ美-マンの特徴は「清潔感」

 

 

 

ビジネスマンとして「清潔感」が重要であり

また交渉や営業活動において良いイメージを

与えるビジネススキルの一つであることも

予測できます。

 

 

 

したがって「サバ美-マン」といわれている人

の特徴は先の項目で挙げたように

 

 

 

「清潔感」を保っていること。

 

 

 

わかりやすくいえば

 

 

 

加齢によって生じる生理現象の悪影響を取り除く努力

をしていることです。

 

 

 

具体的には

 

  • メタボ体型の改善
  • 加齢臭の除去(念入りな洗体や化粧品の使用)
  • 口臭の除去(禁煙、口腔内ケア)
  • 薄毛改善(育毛剤など)
  • 肌質ケア(洗顔、化粧水による保湿など)
  • 服装(よれたスーツやワイシャツは着ないなど)

 

 

 

いくつか私なりに考えたことを挙げて見ました。

 

 

 

メトロセクシャルと呼ばれる男性のようにエステ

に行ったりネイルや化粧をしたりなど、そこまで

する必要はないと思いますが

 

 

 

最低限ひとに不快な思いをさせない程度の

「清潔感」は常に意識することが大切

ではないでしょうか。

 

 

 

 

事実、トイレに行っても手を洗わない男性

はかなりいます。ハンカチをもっていない

男性は意外と多いです。女性の方は驚くかも

しれませんが手さえ洗わない男性がいるのです。

 

 

 

手を洗わないとノロウイスルなどの感染性胃腸炎

にもなりますよね。

 

ノロウイルス等による感染性胃腸炎の

止まらない症状(下痢・嘔吐)はいつまで続く?

 

 

 

まとめ

 

 

 

30代後半から40代前半のサラリーマンの中で

特に自分の身だしなみに気を使う男性を

「サバ美-マン」と呼ぶ新たなキーワード

が流行しそうです。

 

 

 

いつの時代も自分の身なりに気を使う男性

は存在しました。

しかし、「サバ美-マン」はビジネススキル

の一つとして重要な要素であり実践している人

といない人では仕事の成果、社内評価も変わって

くるのではないでしょうか。

 

 

 

ポイントは最低限の「清潔感」を保つこと。

 

 

 

誰でも気を付ければできる事なので進んで

実践して頂きたいと思います。

きっと社内の女性社員のあなたを見る目も

変わってくるのではないでしょうか。